任意売却専門業者とは?一般的な不動産会社との違い

任意売却専門業者とは?一般的な不動産会社との違い

任意売却専門業者とは文字通り、不動産取引において任意売却案件を専門に取り扱う宅地建物取引業者のことを指します。
一般的な不動産会社との最も大きな違いは、債権が絡んだ物件の取引を手掛けるための専門知識を持っており、実際に取引を行った経験も豊富にあることです。
ローンを組んで不動産を購入すると、抵当権設定登記が行われます。
この抵当権がついたままの不動産を売買の対象とすることに法的な問題はありませんが、取引では売主と買主だけでなく、抵当権者の意向にも左右されます。
通常、抵当権者である金融機関は担保となっている物件の譲受を許可することはありませんが、条件や交渉の内容次第では債権の回収が続けられると判断し、売買を認めることがあります。
金融機関から抵当権がついたままの不動産売買の承認を得るのは、一般の人には極めて困難ですが、任意売却専門業者に依頼をすれば一緒に債権者との交渉に臨み、売却後の債務の弁済の仕方も含めて調整してくれます。

任意売却を依頼する場合の業者の選び方と注意点

任意売却を依頼する場合には一般的な不動産会社でも良いのですが、その場合は過去に任意売却を手掛けたことがあるかを必ず確認しなければなりません。
手掛けたことがない場合にはノウハウや主な流れを把握していない可能性が高く、依頼してもスムーズに進められない可能性があります。
ノウハウを持っていて手続きに関しても熟知しているのが専門の業者ですので、選び方としては任意売却を専門としているかを見ると良いようです。
専門としている所ならどこでも良いわけではなく、インターネット上のやり取りだけで完結するのではなく、きちんと顔の見える営業をしているかもポイントです。
信頼ができるかを確かめるためには宅地建物取引業免許を持っているかをチェックし、過去に実績があるかも見ておきます。
実務を経験していると色々な知識やノウハウを持っていますし、イレギュラーな状況に陥っても対処できます。
売却後のアドバイスがあることも大事なポイントです。

筆者:影浦敏朗

筆者プロフィール

東京都文京区生まれ。
知人から任意売却の話を聞き、自分も色々調べてみることにしました。