任意売却ができないケースについて

任意売却ができないケースについて

住宅ローンの返済ができない場合は、家を手放すことも考えていくことになりますが、できれば競売は避けたいと考える人も多いものです。
最近は、より市場価格に近い金額で売却できる任意売却を選ぶ人も増えてきました。
任意売却には多くのメリットもありますが、なかにはこうした方法で売却できないケースもあります。
まず、この方法で家を売るには債権者の同意が必要です。
債権者である銀行が認めてくれない場合は困難となるので、債権者とはしっかりと相談しましょう。
売却することで完済できるアンダーローンの場合もあれば、残債が多く残るオーバーローンの例もあります。
オーバーローンでも、あまりに多くの残債になる場合は金融機関が同意してくれない可能性もあります。
それから、共同名義人や連帯保証人の合意を得ていない場合も手続きを進めていくことができません。
さらに、時間的な余裕がない場合も任意売却を選べないことにつながるので、手続きは早めに進めていきたいものです。

任意売却による住宅ローン延滞時の対処法について

住宅ローンの支払を延滞したまま放置すると、最終的には裁判所の管理の下で競売されて、自宅からの転居を余儀なくされてしまいます。
競売では市場価格よりも安い価格で落札されることが一般的なので、自宅を失うばかりでなくオーバーローンの返済を余儀なくされることもしばしばです。
このような事態を回避するために任意売却という選択肢があります。
任意売却とは市場価格での不動産売却と同時進行で、金融機関と殺生しながら住宅ローンなどの返済方法を話し合いで決めるというスキームのことです。
任意売却の対処法を成功させるには、いくつかのポイントがあります。
まず重要なのは住宅ローンなどの延滞をしてしまい、今後の支払の見通しも立たないときは、専門家に任意売却することを前提に相談することにあります。
返済できないからと放置しておくと、保証会社が代位弁済し残債務の一括請求をうけることになります。
それ以後のタイミングでは交渉はタフになり、裁判所の手続きも止められることになるので、延滞したらすぐ行動に移すことが大事です。

筆者:影浦敏朗

筆者プロフィール

東京都文京区生まれ。
知人から任意売却の話を聞き、自分も色々調べてみることにしました。